コンサートホールや舞台の照明設備には、調光機能が最も必要なシーンの一つだと言えます。
舞台照明の専業メーカーがあり、特殊な専門分野です。
当社のLED照明は調光システム製品を提供するメーカー様にインターフェース仕様を可能な限り公開し、弊社の製品をご利用いただけるように対応してまいります。
今後も倍旧のご愛顧の程、よろしくお願いします。

インターフェース仕様

接続インターフェース

受けコネクタ B03B-XASK-1-A(LF)(SN) JST
ピン配置 1ピン:VCC 最大電圧DC25V
2ピン:GND
3ピン:PWM DC3.3Volt logic level H:100% L:0%
接続に難する注意点(絶縁対策の実装のお願い)

本電源ユニットは非絶縁型電源です。上記インターフェースはAC電源から絶縁されていないので、アイソレーション回路等により絶縁回路を経由しての接続をお願いいたします。

VCC仕様

  • 電圧
    簡易直流電圧発生回路から供給する電圧なので平均値は16ボルト程度ですが、受けの標準調光制御ユニットは最大DC24ボルトが加わることを想定して設計しています。
    アイソレーション用のフォトカプラ電源としても利用可能です。
  • 電流
    給可能最大電流は50mAです。 50mA以下で動作するように標準調光制御ユニットは設計しています。

PWM調光仕様

  • 電圧
    DC3.3ボルトロジックレベルです。
    調光100%の時、Hレベル固定です。
    調光0%の時、Lレベル固定です。
    0-100%の間はPWMのデューティを変えてください。
  • 調光可能電流レベル
    最大時の電流を100としたとき、連続制御の最小電流は20%までとしてください。(PWMデューティではありません。)
調光制御例

HL15KのPWMデューティ対LED電流を例にした場合の注意点を後述します。

  1. PWMディーティ70%以上ではLED電流は飽和します。
  2. LED電流のリニア最小可変幅は最大電流の20%までです。
    最大電流の20%以下で制御は保証できません。

一般的な調光プロトコルについて

調光用の通信プロトコルの規格としては、

  • DALI
  • S-DIM
  • DMX

などの規格があります。
DALIについては、こちらに記事をまとめてあります。