社内基幹システムを安価に構築する事の検討

背景

起業したばかりの組織や中小企業では、業務の効率化を図るための基幹システムを導入する費用を捻出できない事が多々あります。
とは言え、業績を伸ばす為には基幹システムの導入は必須です。
ここでは、社内基幹システムを安価に構築する事の検討します。

システムの導入時にかかる費用

安価に抑えるために、システムの導入時にかかる費用について検討します。

ソフトウェアを開発・コーディング設計する費用

エンジニアに工数をかけて、ソフトウェア開発をしてもらう費用で、一般的に工数で費用を見積もられます。
例えば5人が3か月かけたとすると、15人月。
人月単価が仮に80万円だとすると、80万円×15人月=1200万円になります。
この金額をシステムに投資できる企業は限られます。多くの中小企業では困難な選択です。

選択1:オープンソースを基に開発

無料で公開されているオープンソースを利用して、開発コストを縮小することができます。
カスタマイズも自由度があります。
社内でカスタマイズが可能だったり、信頼できるシステム開発部門が取引先にいるのであれば、良い選択だと思います。

選択2:開発をせずにパッケージを購入する

業務のすべてをシステムが賄うパッケージの選択肢は多くありません。
ERPともなると、パッケージといえどもかなりの費用が発生します。

 

“社内基幹システムを安価に構築する事の検討” への 1 件のフィードバック

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です